古書NET


パソコンを新調したのは、何を置いても古書NETという古本屋専用のパソコンソフトをWIN版に新調するためだったわけなのである。別にお遊びのために買ったのではない。

今日は神保町にある古書NETの総本山にお邪魔し、ソフトを受け取ってきた。無論、有料である。
帰りにアクセス(データベースソフト)も購入し、これで一通り動かせるようになった。これから旧古書NETを動かしているパソコンからデータを移す作業を始めるのだが、どうなることやら・・・。一回でうまくできればよいが。

このソフトは、在庫管理、目録打ち出し、受注作業、名簿管理、インターネット目録の出力、「日本の古本屋」へのデータ打ち出しなど、ひとつで6役もこなしてくれる優れものなのだ。

2000-11-08 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事