休日


晴れた空。朝9時に起きてまどろんでいると電話。愛書会のご注文かな?と襟を正すと母親からだった。「明日は一日雨らしいから、今日休んだらどう?」どうやら子どもたちを出かけさせてやるにはその方がいいという判断だったようだ。それなら、と休ませてもらうことにした。

久しぶりに新宿御苑に出掛けようと思った。しかし実際に出発できたのは12時ちょっと前。いい具合に晴れていた空はすでに曇天に変わってしまっていた(^^;。

東横線で渋谷。そこから山手線で代々木。総武線で千駄ヶ谷と乗り継ぎ、千駄ヶ谷門から入場する。久しぶりの電車に子供たちは喜んでいた。

入ったらすぐに弁当を広げる。食べ終わると近くで遊んでいた子供たちに誘われて、ウチの子二人は駆け出して行った。その様子を遠くから見詰める我々夫婦。二人とも引っ込み思案だった子供時代を思い、「なんであんな積極的な子が生まれたかね?」と苦笑い。ま、喜ばしいのだけど・・・。

そのあと、急に冷えてきたので温室へ入った。プルメリア、ハイビスカス、極楽鳥花がきれいに咲いていた。中庭にあるリュウゼツランがこの温室の目玉のひとつなのだが、何十年に一度しか咲かないといわれる花が咲いている。この植物は強い酒の代名詞「テキーラ」の原料になっているとか。

走り回っていた子供たちのスタミナは突然切れる。温室を出たあたりで急にテンションが下がった子供たちをだましだまし歩かせ、キャラバンは伊勢丹を目指した。やっとたどり着こうか、というあたりからもの凄い人の数。土曜日は日曜日よりも人が多いような気がした。「屋上で遊びたい」と急に息を吹き返した息子に押されて屋上へ。すでに雨はぽつぽつ降り出していた。ほんの15分ほどで引き上げて階下のレストラン街へ。結局お好み食堂へ入ることになった。

このあたりからワタシも昨日の3時寝が響いて眠気を催しはじめ、娘も抱っこしろと引っ付いてくる。新宿駅へ向う道中は人ごみと荷物と娘の三重苦でかなり辛かった。東横線の帰りの電車ではわざわざ電車を待って席を求めた。座った瞬間からうつらうつらしてしまった。それにしても新宿・渋谷駅の混雑はすごい。日曜日とは比べ物にならないくらいだ。

2000-10-28 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事