雨の土曜日


明古のなかった翌日の土曜日ほどやることのない日はない。おまけに巷ではオリンピックが始まっていて、お客様も本どころではあるまい。当然ながらワタシもTVを見ているが、確かに面白い。

午前中のトライアスロンはかなり長いこと見てしまった。普通の人で泳いだ後自転車に乗って、そのあとでまた走るなんて誰がするんだろうか。この競技を考えた人はサディストである。それを五輪の正式種目に押した人はかなりのサディストで、TVの前で面白がって見ている全員は一番のサディストだ。

よくもまあ、1.5kmも泳いで、自転車で40kmも走ってからマラソンをするよなぁ。しかし、走っている彼女たちの表情は素晴らしかった。あのサディスティックな競技に耐えられるなら人生の節目くらい簡単に乗り越えられるだろう。彼女たちもまた、自分の肉体に対してのサディストである。
トライアスロンの金メダルを手にしたスイスのマクマホンには「鉄の女王」という称号が贈られた。言い得て妙と感心した。

午後はお茶の合間に男子体操を見た。鉄棒にしろ床運動にしろ、人間技とは思えない。たった棒が一本あるだけで、床があるだけで、人間はああまで自由に動けるものか!

これから田村亮子の柔道が決勝する。大雨で店は早仕舞い。見逃さないようにしなければ!

2000-09-16 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事