資料会


毎週水曜日は資料会の日である。

今日は目録も発行されるほど一口の出品があった。歌舞伎関係、国文学関係、俳句関係。この俳句関係にオヤジは反応して、珍しく古書会館まで足を運んだ。
結果は散々・・・。やはり高いなぁ。

そこで早稲田の現世さんから、10月から始まる早稲田青空古本祭の目録「古本共和国」を一部頂いた。ありがとうございます。今回は古本屋の女房という特集で、いろいろ本屋さんの奥様が寄稿されている。
古書目録も毎年掲載されていて、読んで、見て楽しめると評判の合同目録なのだ。

その中の一店、A書店さんに荒木経惟の「ノスタルジアの夜」が出品されていた。値段は驚くなかれ2500円!! 見るなり受話器を引っつかみ、ダイヤルしたが、「売れちゃったよぉー」とのこと・・・。すでに2週間前にお客様へ発送されていたらしい。それじゃあねぇ・・・。

そううまい話はころがってませんて。

2000-09-13 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事