愛書会並べの日


今日は愛書会展の並べの日。うちとしては約2ヶ月に一度の東京での商売である。

古書会館の2階は、普段市場が開かれているのだが、毎週木曜日には大きな立て掛け台がズラリと整列し、そこに所狭しと本が並べられ、明日の初日に備える。

今回もいろいろとご注文を頂けた。問題は、どうしても欲しい本というのは皆さん同じなのか、ご注文がダブることである。この抽選作業が毎回ホネなのだ。(^^;

明日、ワタシは明古なので1階会場をうろうろすることになる。そのため、2階の愛書会展はオヤジの担当である。

とにかく、量が売れてくれれば成功だ。金額がいくかどうかはこの際二の次なのである。

2000-09-07 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事