仕事の山


大体8月は売れないと相場が決まっている。さらに来週はデパート展のオンパレード。ほぼ毎日どこかしらで初日開店!とのことだ。そんなプレッシャーを受けつつ、うちで溜まりに溜まった本の山を黙々と片付けていく。どこか後ろ向きの仕事のように感じるのは気のせいだろうか・・・。
さて、うちの店は新丸子駅前の商店街の、それも駅の真ん前にあるのだが、それによるメリットはほとんど、いや全く無い。地元商店街にお買い物をするお客様でうちの品物に興味を持つ方は限りなくゼロに近いのだ。つまり、神保町と同じで、(電車なり、車なりで)出かけてまでうちの店に足を運んで頂いているお客様がほとんどなのである。ありがたいことだ。遅くまで店を開けておいても無駄に終わる理由はここにある。

2000-08-04 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事