河口湖


子持ちで旅行するというのは想像以上に大変なことだ。TVのニュースなどで見かける子供同伴なのに平気で海外旅行できる人たちのタフさには恐れ入る。とにかく自分以外の人間の都合に振り回されるのだ。やれ腹が減った、おしっこだ、のど渇いた・・・。(^^;自分ひとりなら何とでもなる事なのに・・・。とにかく大変。
そんなわけでとても海外へなど鼻から行くつもりのないワタシは、近場も近場、河口湖で一泊することにした。
6月の末には河口湖ホテルを予約。夏休みプランのため、家族全員でも格安。でも、サービスはそれなりに受けられ、2年前に長野で受けた酷いサービスに比べたら格段によかった。昭和天皇が宿泊したこともあるという由緒あるホテルだったからか、夏休みアルバイトの高校生を使っていないこと、キャパが決して多くないこじんまりした施設ということも幸いしていたろう。書き入れ時のために大きな施設を抱えるホテルほど、シーズン中のサービスが酷くなるのはすでに皆様もご存知と思う。
さて、意外に行かないのが日本一の富士山である。ここ数年にわか登山ファンと化したうちの両親に勧められ、富士山の五合目にスバルラインを使って行ってみた。果たして素晴らしい景色だった。さすがに富士である。冷房の吹き出し口にいるようなキーンと冷えた空気、眼下に見下ろす雲海。五合目付近で斜めに切れ込んでくる富士の稜線のダイナミックさ。家族4人で歓声を上げてしまった。
宿にチェックインしてから目の前の河口湖で2時間ほどバス釣り。しかし渋かった。最近はエサでバスを釣る人が増えたようで、イモグラブにもなかなか反応しない。やっとこさ20cmを一匹釣るのが精一杯。それでもボーズにならずによかった。
夕食後、湖畔で花火。売店で買ったセット花火に線香花火が入っていなかった。失敗。(^^;

2000-08-01 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事