夏休み


東京古書会館が夏休みに入った。昨日の日曜日から来週の日曜日までである。その間は当然ながら市場はない。明治古典会も休会である。ワタシは毎年この期間中に夏休みを頂く。明日から2日間、河口湖へ家族で行くことになっている。「また、釣りかい?」という声が聞こえてきそうだが、釣りは宿へチェックインしてから3時間くらいと決めている。去年のように丸一日釣りというのはやめた。その代わり、一日平日に亀山湖へ行くことにする。

今日は午前中に、知る人ぞ知る名店A書房さんがいらっしゃった。この方のお話は面白くて、ついつい話してしまうのだが、それはさておき、先日中央市会で買った吉永小百合の手紙付きサイン本を買ってもらった。ご本人曰く、「人気ありますよねー。」との事。過去に署名入り写真集なども扱ったご経験があるそうだ。

やはり自分の感覚を大事にしなければならない。オヤジが半分の評価を下した本だってちゃんと売れる時には売れるのだ。売れた経験も売れなかった経験も、ワタシの古本屋としての経験となり、積もっていく。
古本屋には、そんな売れるか売れないかという事が毎日続いていく。何事も経験です。

2000-07-31 | Posted in 甘露日記Comments Closed 

関連記事